« 長編SS 28 | トップページ

2010年12月19日 (日)

長編SS 29 +お詫び

まず、お詫びを。

一月に一回更新!とか言っておきながらの、この更新具合・・

有言不実行にも程があります。

<サボっていたとか言う訳ではないのですが、ここに来て提出書類が急激に増え、

PCの前に座っても、SSよりも仕事関係のことで手一杯という・・

よくSSや漫画で、書類に埋もれて仕事をしていて・・なんて描写がありますが

現実でやられると、想像以上にキツイデス。

実体験すると、

これからはSS読んだときより感情移入できるかも。などと現実逃避したくなりました。

それはさておき、まずはキチンと長編の更新を。

長編 29

海鳴市郊外
海岸沿いに造られた公園にシグナムは向かっていた。
予定ではヴィータ達と共にコアイーターの探索に行くつもりだったのだが、
急な呼び出しを受けここに来たのだ。

「まったく・・・」
シグナムは、海風に煽られ乱れる髪を押さえながら呟いた。
(何もこんな時に、しかもあんな呼び出しがあるか)

それはシグナムがオフとなった直後だった。
同じくオフに入ったヴィータ、シャマルと準備をしていたところ
ヴァイスから緊急コールが入ったのだ。
何事かと慌てて回線を開くとヴァイスはいつもの表情でのたまった。

「これからデートしましょう」

       ○             ○

「・・っち」
何度も試みるが、
煙草と一緒に買った安ライターでは海からの風が強く火が点かない。
それでも何度も挑戦するが、すべて消されてしまっていた。

「なにをしている」
「あ。姐さん」
ヴァイスが煙草を咥えたまま振り向くと、
そこには手を腰に当て呆れた表情のジグナムが立って居た。

「まだ止めていなかったのか?」
「あ、はは」
シグナムの言葉に苦笑し、ヴァイスは振り返った。
「喫煙は禁止ではなかったか?」

煙草の臭いというのは吸っていない人間には良く判るものである。
その為、個人が特定されると危険が伴う仕事の人間は喫煙しないことが多い。
これは[その他大勢]となってしまい個人を特定されるのを防ぐ理由からである。

狙撃専門だと対象に近づく事はまず無いのだが、
狙撃という事情から恨みを買う事もあり、
ましてやヴァイスの様に狙撃専門では無い人間は
意外な所で身元に繋がる可能性がある為、
尚更個人特定を避ける為に禁煙するべきなのである。

だが心理的なプレッシャーからなのか、
そういった任務に当たる者にも喫煙者が居るも事実だったりする。
この辺りの矛盾は現場と上層部とで視点が異なる事例といえるのかもしれない。

「まぁこればっかりは」
「・・・やれやれ」
悪びれないヴァイスにシグナムは溜息を呟くと、
人差し指をそっとヴァイスの咥えたままの煙草の先に触れる。
すると直ぐに小さな音と共に、火種が生まれる

「おお!すんません」
ヴァイスは礼を言いうと軽く息を吸い込み、旨そうに紫煙を吐き出すのだった。

○         ○

「何か[動く]みたいですね」
「・・・ああ」
海辺の手すりにもたれ掛かり、ヴァイスが呟く。
その言葉に主語は無いが、シグナムも今の状況では何を指しているのかは直に判った。

「小娘どもが落ち着かなくなってます。
それにまだ噂なんですがアースラのデカイのを使うとか何とかって噂も」
「デカイ?・・・まさか!?」
ヴァイスの言葉に少し考え、たどり着いた答えに思わずシグナムは声をあげた。
アースラのデカイのといえば主砲のアルカンシェルしかない。

「しっ声を抑えてください」
「なんだ?」
シグナムの声を遮る様にヴァイスが口元を抑えた。
突然の行動に驚くが、ヴァイスのシンケンな表情にシグナムも従う。

「どうも動いてるみたいです」
「なんだと?」
どうやら管理局から追跡がかけられているらしい。
二人は小声で話を続ける。

(こんな場所でか?!)
(こんな場所なんで)
周りにはいつの間にか恋人達らしい、男女が大勢居た。

日が落ちつつある海辺の公園。
確かに恋人たちの逢瀬には持って来いだろう。
その為、二人の周囲近くにも何組かが寄り添い海を見たりしていた。
この中に管理局からの監視者が紛れていたら、シグナムでも見つけるのは難しい。
だがヴァイスがそれに気がついたらしい。
確かに今のはやてやフェイト達の動きを考えれば
上層部が尾行をつけないなど有り得ない。
そうシグナムが考えていると、

「失礼します」
「なっ?」
突然ヴァイスがシグナムの肩に手を回し抱き寄せてきた。
そしてヴァイスは開いている方の手で煙草を押さえ口元を覆った。

「八神隊長の勧めで見た映画だったんスけど、まさかこんなところで使うとはね」
そう言いつつ、タバコを咥えるフリをしながら上手く口元を隠し会話するヴァイス。

「なるほど、な」
シグナムのその意図を理解し、合わせる様にヴァイスの耳元で囁くように答える。
確かにこれならば遠目で見る限り、恋人同士が囁いているだけに見える。
それに、ミッドチルダでは魔法が発達しすぎた為、
読唇術などを使える人間はそう多くない。

この場所で魔法によって遠距離から音を拾おうとしても周りに人が多すぎるのと、
潮騒の音が邪魔をしてくれるだろう。

「どちらにしても尾行はついて来ますから、それは注意を」
「判った」
短く頷くことで返すシグナム。

「小娘たちには上手く言っとくんで」
「ああ。すまんな」
「礼は全部終わったら一度付き合ってくださいや」
「まったく・・・」
グラスを上げる仕草をするヴァイスにシグナムは呆れた表情を返した。
あっけらかんと言うあたり何処まで本気なのか判りにくい。

「口説くなら、ちゃんとした手順と贈り物の一つでも持ってきておけ」
「あーっと、そいつはすいません」
ポリポリを人差し指で頬を掻くヴァイスにシグナムも苦笑を浮かべる。

「なら今日はこれを貰っていこう」
悪戯っぽくシグナムは笑いとヴァイスの胸元に手を伸ばすと煙草を一本抜き出した。

「ピース(平和)か」
煙草に印字された文字を読むと、それを咥えた。

ヴァイスがライターを出そうとするがそれを手の合図で断ると、
ヴァイスのコートの襟を掴み少し屈ませ、自分は少し背伸びをし顔を近づける。

そして静かにヴァイスの咥えるタバコの先に、自分のタバコの先をそっと合わせた。

それはまるで唇を合わせるかのように静かに。
ヴァイスは静かに息を吐き火種を燃え上がらせ、シグナムも静かにゆっくりと吸う
まるで恋人たちの逢瀬のように。

火種がシグナムの咥えた煙草に移ると、二人は無言で離れ同時に紫煙を吐く。
そして何も言わず、一度だけ目を合わせるとシグナムは公園の出口へと向かった。
そんなシグナムをヴァイスは見えなくなるまで見送るのだった。

|

« 長編SS 28 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長編SS 28 | トップページ